FX用語集

外国為替証拠金取引(FX)に関連する用語をフリーワード、頭文字別、カテゴリー別に検索ができます。特に初心者の方がスタートする上で、必須な用語をわかりやすく解説します。

米消費者信頼感指数

【読み方】 べいしょうひしゃしんらいかんしすう

発表機関/全米産業審議委員会(コンファレンスボード)
発表/毎月25日~月末。 日本時間/10:00

米国の消費者信頼感指数は、民間非営利のシンクタンク、全米産業審議委員会(コンファレンスボード)が発表する消費者マインドを指数化した経済指標で、毎月25日から月末にかけて発表されます。
コンファレンスボード:Conference-Boardをその頭文字をとって「CB」と表記するときもあります。
消費者信頼感指数は、5,000人の消費者にアンケート調査を行い、現在の景況感・雇用状況、6ヶ月先の景況感・雇用・所得、6ヶ月以内の自動車や住宅などの購入計画の項目に「楽観」「悲観」で回答してもらい指数化しています。
個人消費がGDPの約70%を占める米国では、消費者の生の声をベースにしている消費者信頼感指数は個人消費との連動性も高く非常に注目されています。特にコンファレンスボードの消費者信頼感指数は、ミシガン大消費者信頼感指数に比べ、調査対象も5,000人と10倍もあり、その信頼性は高く重視されています。
消費者信頼感指数は、NYダウに対して非常に相関関係が強く、半年程度の先行性を有していると言われ、指数が強ければ貯蓄から投資に回す人が増え、弱ければ投資から貯蓄に回す人が増えるなどの見方をする場合もあります。

用語検索