FX用語集

外国為替証拠金取引(FX)に関連する用語をフリーワード、頭文字別、カテゴリー別に検索ができます。特に初心者の方がスタートする上で、必須な用語をわかりやすく解説します。

固定相場制

【読み方】 こていそうばせい

固定相場制とは、為替相場の変動を固定もしくは一定の範囲内に限定する制度を言います。ペッグ制とも言います。日本は1944年、1ドル=360円の固定相場制になりましたが、1971年のニクソンショックにより、変動相場制へと移行しました。
一般に、固定相場制は、為替レートの変動により経済が不安定になってしまうような経済基盤の弱い国で採用されることが多く、貿易において結びつきの強い国の通貨に連動(ペッグ)されます。これにより、為替相場の変動に影響されることなく輸出競争力を確保することができるのです。
その他、1国の通貨だけに連動させるのではく、複数の通貨レートの平均値と連動させる「通貨バスケット制」やその国の政府・中央銀行が介入して為替レートを管理する「管理フロート制」があります。

類義語
ペッグ制
対義語
変動相場制

用語検索