知っトク!FX取引まるわかり

「歴史的」レベルを超えた「円高・未体験ゾーン」のFX

2011/10/01

2011年のシーズン、残念ながら11年連続の200本安打を達成できなかったイチロー。2012年にはきっと200本安打のリベンジを果たしてくれることでしょう。なにせ、レーザービームも40盗塁を記録した足も健在だから心配いりません。「期待度は大」というのが大方の見方です。

さて、そのイチロー選手ですが、もしかしたら打撃の他にもうひとつ、気になって仕方がないことがあったかもしれません(あくまでも想像のお話ですけどね)。

2011年のシーズン中、イチローがヤキモキし続けていたかもしれないこと、それは円高です。イチロー選手は2008年に5年契約9,000万ドルで契約していますが、このところの円高でドルの価値が激減したのです。契約当時のドル円相場はだいたい110円前後でしたが、2011年9月には76円台ですから、目減り幅は実に3割以上!もしもこんなことが自分の身に起こっていたら、と想像してみて下さい。仕事なんて手に付かないでしょ。

日本では連日、「超・円高」「歴史的円高」といった文字がニュースの見出しに躍っていますが、過去最高値を何度も更新した円相場は、歴史的なんてレベルを通り越して、すでに「未体験ゾーン」に突入したと言ってもいいでしょう。

数年間で30%以上も価値が上がったり下がったり。しかも、かつて人類が体験したことのない水準で推移する為替相場。これをチャンスと見て、FXで利益を狙う人たちはかなりの数に上ります。それも、ごく普通のサラリーマンや主婦といった個人投資家たちがほとんど。中には「外見はさえないフリーター、しかしその実態は毎晩10万ドル単位の外貨を取り引きするセミプロ・トレーダー」なんて人までいるのです。

2011年9月には、FXの証拠金(取引のための預入金)が1兆円を突破したというニュースが報じられました。未体験ゾーンに突入した現在の円相場が、なぜ熱い注目を集めるのか、その理由を探ってみましょう。

円高がFXのチャンスになるこれだけの理由

円高の話の前に、FXについてサクッと復習しておきます。

1ドル77円の時に1ドル札を手に入れようと思ったら何円必要でしょう、なんて聞いたらバカにしているのかと叱られちゃいますね。はい、答は77円です。では、相場が動いて1ドル78円になった時に、この1ドルを両替して円に戻したらいくらになるでしょう。もちろん答は78円です。要するに「77円で買った1ドル札が78円で売れた」のと同じこと。1ドル当たり1円の利益が出たというわけです(もちろん反対に動くと損にもなることもあります)。

1ドルで見ると小さな金額に見えますが、取引金額が1万ドルなら相場の1円の変動が1万円になります。10万ドルなら10万円です。そんな大きな取引をレバレッジという仕組みを使うことで、少ない元手から可能にするのがFXなのです。

さてここからが本題です。ヨーロッパの金融不安に端を発した今回の円高。普通なら、ユーロが弱ければ米国ドルが強くなるところなのに、アメリカはアメリカで債務問題を抱えて首が回らない。だから「緊急避難的」に世界中から日本円が買われた結果としての超・円高──。そんな風に説明されることが一般的ですね。他が調子悪いからとりあえず「消去法」で円が高値を付けているという図式です。

ということは、アメリカとヨーロッパが元気になれば、一気に円安方向に動く可能性があるということ。どこまで円安方向に回復するかについては、さまざまな意見がありますが、長期的には1ドル110円のレベルまで戻すだろうと言う専門家もいます。

ちょっと試算してみましょう。1ドル77円の時に1万ドル買ったとします。グググッと円相場が動いて東日本大震災前の水準、1ドル82円になったところで売ったら5万円の利益です。歴史的円高と騒がれるようになる前の水準、90円になったところで売れば13万円。もしもイチロー選手が契約した当時のレート110円で売ったら、差額はなんと33万円!

円高が解消しなくても、FXなら大丈夫。たとえ円高がさらに進んでもFXなら利益を出す方法があります。FXは相場の動きの差額を取り引きするものだから、なんとドルを売る(逆に言うと円を買う)という注文もできるのです。

「ヨーロッパもアメリカもまだ心配だから、もう一段の円高があるかも」と思ったら、迷わず円を買いましょう。イチロー選手には申し訳ないのですが、仮に1ドル65円まで円高が進んだとしたら、77円のレートで1万ドル分仕込んでおいたあなたは12万円の儲け!

もっと短期間の動きを捉えて、細かく利益を積み上げるというのもいい方法です。為替相場が「未体験ゾーン」に突入した現在、たとえばドル円で見れば、1日に30銭~50銭程度の値動きが出るのが一般的。1万ドル取り引きしていたら、毎日3,000円~5,000円の利益を上げるチャンスがあるということなのです。

FXで取り引きできる通貨はドルだけではありません。ユーロ円の取引なら、1日に1円動くことも珍しくありません(つまり1万円のチャンスがある!)。大英帝国の通貨ポンドに至っては、数時間で1円以上変動があることもザラなのです。そんなチャンスをうまく捉えて、利益を積み上げていったら・・・考えるだけで楽しくなっちゃいますね。

為替相場がどちらに動いても利益を上げるチャンスがあるのが、他とは違うFXの大きな魅力。ニュースの中で見たり聞いたりするだけで、イマイチ実感が持てない「未体験ゾーン」の為替相場ですが、FXを上手に使えば「あなたのためのチャンス製造マシーン」に変えることができるのです。

知っトク!FX取引まるわかり一覧に戻る

FX用語集

よくある質問集

FXに関するお問い合わせの中でも、最も多く寄せられる質問とその回答を集めました。

一覧を見る