FXの基礎知識

初心者でも参加しやすい敷居の低さから、今や一般の主婦、OL、サラリーマンも取引するほど人気のFX。いったいどんな投資なのでしょうか。取引する上で必要な基礎知識や、注意事項・発生するリスクなどを見て行きましょう。

FXの魅力とリスク

FXは少額資金から手軽に始められるなど多くの魅力を持つ反面、リスクも伴います。その特性を良く理解した上で、正しいリスク対策の知識を身につけましょう。

少ない資金から始められる

少ない資金で何倍もの取引ができる FXの魅力のひとつに「レバレッジ」があります。レバレッジとはテコの原理を意味し、元となる資金の何倍もの取引ができる仕組みです。例えば資金が10万円のとき、レバレッジ10倍ならば100万円分、レバレッジ25倍ならば250万円分の外貨の取引が可能になります。少ない資金でより多くの金額分の外貨を取引できるのなら、レバレッジの倍率は高い方が資金効率が良いと言うことになります。ただし、レバレッジが高いほど、リスクも高くなりますので、その点は注意しましょう。

レバレッジを効かせると、資金を効率良く運用することができます。例えば、1万ドルの取引をした場合、1ドル=80円とすると1万ドルは80万円になります。レバレッジを効かせない取引でしたら、口座に最低80万円を預け入れなければなりません。

ところが、レバレッジ10倍なら8万円、レバレッジ20倍なら4万円、レバレッジ25倍なら3万2千円で済んでしまいます。この預け入れなければならないお金を「証拠金」と呼びます。つまり、証拠金を担保にして取引ができるのです。

上の例は為替変動を考慮に入れていません。実際の取引では、さまざまな要因に対応できるよう、余裕を持って証拠金を預け入れることが必要です。証拠金のルールについては、利用するFX会社のサービス案内や約款をしっかり確認しましょう。

 

取引自由度が高い

為替差益を得る方法として、一般的には、為替レートが安いときに外貨を買い、高くなったときに売れば利益がでます。1ドル=90円のときに買い、1ドル=95円になったときに売れば、5円の利益を得ることができます。

為替レートが円安に向かっているうちは、この方法で利益を得ることができますが、円高に向かったときはどうすれば良いのでしょうか。自由度が高いFXならではの方法があります。なんと、円高に向かっても利益を出すことができるのです。それが「高く売って、安く買い戻す」方法です。その取引方法は次のようになります。

1ドル=98円のとき、1ドルを売ります。FXでは、手元にドルを持っていなくても、市場から借りて来て売ることができます。借りてきた1ドルを売ると98円です。1ドルは借りているので返済しなければなりません。その後、1ドル=94円になったので、1ドル=94円を支払い、買い戻した1ドルを市場に返しました。手元に残ったのは4円です。これが利益になります。このように最初に外貨を借りて来て売る方法を「売りから入る」とも言います。

取引自由度の高さ

つまり、FXでは相場が円安方向に動いても、円高方向に動いても利益を出すことができるのです。FXは取引自由度が高いと言われるゆえんはここにあります。

 

取引コストが圧倒的に安い

FXは取引コストが非常に安いのが特徴です。外貨預金や外貨MMF、株式投資、投資信託と比べても取引手数料の安さは圧倒的です。FXの手数料はFX会社により異なりますが、最近のFX会社では取引手数料を無料としているところが増えてきました。さらには、売値と買値の差額であるスプレッドもかなり狭くなっています。スプレッドはFX会社により異なり、通貨ペアによってそれぞれ設定されています。

中には1通貨あたり1銭を切るスプレッドを提示しているFX会社もあり、キャンペーンなどで米ドル円0.5銭という驚くべきスプレッドで取引されることもあります。

外貨預金が片道25銭から1円の手数料であることから考えると、その数十分の1以下の手数料ということになります。このような圧倒的な低コストだからこそ、FXでは何回も取引することができますし、微々たる利ザヤであっても手数料を差し引かれて赤字になることもなく、地道に利益を重ねることができるようになります。


比較項目 FX 外貨預金 外貨MMF
1ドルあたりの手数料 片道0.5銭~2銭程度 片道25銭~1円程度 片道25銭程度
 

24時間取引できる

外国為替市場は世界中の銀行間をつなぐネットワークから成り立っています。ニュージーランドのウェリントン市場を皮切りに、シドニー、東京、香港、シンガポール、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークとリレー式に取引の主体が移っていき、再びウェリントンへと、地球を巡っていきます。つまり、外国為替市場は、月曜朝のウェリントンから金曜夜のニューヨークまで、24時間休み無く取引が続けられています。

そのため、日中は仕事で忙しくても、帰宅後にリアルタイムでFX取引ができます。相場が動く瞬間や経済指標発表時にすぐに注文が出せれば利益も獲得しやすくなります。また、日本時間の21時半からはニューヨーク市場が活発化、ヨーロッパ市場も熱く盛り上がっている時間帯です。世界で一番通貨の取引量が多い時間帯が仕事が終わってひと息ついた頃の時間です。取引量が多ければ相場も動き、利益獲得のチャンスも増えます。日本の一般投資家は時間帯の面でも恵まれているのです。

 

ページトップへ戻る

相場変動リスク

相場の変動はいつも予想通りに動くとは限りません。急激な相場変動で損失を被ることもあります。また高いレバレッジを掛ければ、利益も大きくなりますが、その分、損失を被ったときはマイナスも大きくなります。

 

流動性リスク

外国為替は1日約3兆2000億ドルの取引高があると言われていますが、短時間に大量の注文を出した場合など、希望した金額で取引が成立しないリスクがあります。これは取引する相手がいないことにより発生します。

 

システムリスク

インターネットなどのシステムを通じて行う取引は、システム上の不具合などによるリスクがあります。急激な値動きがあった場合、取引が成立しないことや、業者の行うメンテナンスの時間帯に損切りの逆指値取引や自動ロスカットなどの処理を行わない業者があります。その場合、大きな損失が発生する可能性があります。

 

信用リスク

FX業者が破綻することにより客が損失を被るおそれがあります。現状、顧客から預かった資金をFX会社の資産とは別に管理する信託保全が法律で義務付けられています。100%信託保全がどうか、どこの銀行に信託保全しているかを確認しましょう。

 

ページトップへ戻る

FX用語集

よくある質問集

FXに関するお問い合わせの中でも、最も多く寄せられる質問とその回答を集めました。

一覧を見る