FXの基礎知識

初心者でも参加しやすい敷居の低さから、今や一般の主婦、OL、サラリーマンも取引するほど人気のFX。いったいどんな投資なのでしょうか。取引する上で必要な基礎知識や、注意事項・発生するリスクなどを見て行きましょう。

FXの仕組み

FXの魅力はその資金効率の良さにあります。FXでは、わずかな資金を元手にその何倍もの金額の外貨を売買できます。

FXの大きな特徴に「レバレッジ」があります。レバレッジとは「てこの原理」を意味し、この仕組みのおかげで、少額資金でその数倍あるいは数十倍もの金額を取引することができます。手持ち資金が10万円でもレバレッジを10倍にすれば100万円分の取引ができます。10万円分の取引よりも100万円分の取引の方が当然利益は大きくなります。大金を持たない個人投資家にとってレバレッジは非常に有用な仕組みと言えるのではないでしょうか。ただし、レバレッジの倍率が高くなれば、その分、損失が出た場合にマイナスも大きくなりますので、あまりに高いレバレッジを掛けることには注意が必要です。「利益も10倍なら損失も10倍!」。レバレッジは、その仕組みをしっかり頭に入れて取引すれば個人投資家の強い味方になってくれます。

証拠金とレバレッジ

FXのレバレッジは「証拠金」と密接な関係を持っています。「証拠金」とは取引をするために最低限預け入れなければならない金額で担保の意味を持っています。

1ドル100円時に証拠金10万円でレバレッジ25倍をかけた場合

証拠金とレバレッジの関係は次のようになります。 証拠金を10万円とします。レバレッジ1倍のときは、レバレッジをかけないことと同じですから、そのまま10万円分の外貨を売買することができます。1ドル=100円の場合では1,000ドルを売買できることになります。

それではレバレッジ25倍ではどうでしょう。10万円の25倍ですから250万円分の外貨を取引できます。1ドル=100円ならば25,000ドルです。これほどの金額の取引が10万円の証拠金でできてしまうのですから、FXは資金効率が非常に良い投資であることが分かります。

  証拠金 レバレッジ 投資金額 1ドル=
100円換算
1 10万円 1倍 10万円x 1倍= 10万円 1,000ドル
2 10万円 5倍 10万円x 5倍= 50万円 5,000ドル
3 10万円 10倍 10万円x10倍=100万円 10,000ドル
4 10万円 20倍 10万円x20倍=200万円 20,000ドル
5 10万円 25倍 10万円x25倍=250万円 25,000ドル
証拠金とレバレッジ

表から分かるように、レバレッジの倍率が高いほど大きな金額を取引することができます。取引金額が大きくなれば大きな利益を得ることができますが、その分、損失が出たときはその金額も大きくなります。

口座残高10万円。1ドル=100円のときにレバレッジ25倍で25,000ドルを買ったとします。円換算で250万円分の取引です。為替レートが変化して「1ドル=103円」になった時点で、この25,000ドルを売り円を買ったらいくらになるでしょうか。

25,000ドルx103円=257万5,000円

になります。当初の25,000ドルは250万円でしたから、その差額は7万5,000円。これが利益になります。

25,000ドル←250万円
25,000ドル→257万5千円
7万5千円が利益

それでは、逆に「1ドル=97円」になったらどうでしょう。保有している25,000ドルは、円にすると242万5,000円になります。当初の250万円よりもマイナス7万5,000円です。これが損失。口座の10万円から差し引かれて残高は25,000円になります。

25,000ドル←250万円
25,000ドル→242万5千円
7万5千円が損失

  取引前 1ドル100円で
25,000ドルを購入
1ドル103円で売った場合 1ドル97円で売った場合
証拠金
    取引額 250万円 取引後額 257万5,000円 取引後額 242万5,000円
口座残高 10万円 10万円 差益 7万5,000円
+
証拠金 10万円
17万5,000円
損益 -7万5,000円
+
証拠金 10万円
2万5,000円(ロスカットなしの場合)

このように利益、損失はそのまま口座残高に反映されます。そのとき注意しなければならないのが損失が出たときです。上記の例では口座残高10万円に対して損失は7万5千円でした。損失がこれ以上広がれば口座残高はゼロ。さらに損失が膨らめばマイナス分を支払わなければならないことも。

しかし、現実の取引ではこうはなりません。その理由は、現在のFX会社は、法律により、マイナスが一定水準に達した時点で取引を強制決済する「ロスカットルール」の設置が義務付けられているからです。

外貨を買った状態(売った状態)で、まだ決済していないうちは損失が出ても「含み損」と呼ばれて損失は確定していません。為替レートが変化してプラスに転じる可能性も秘めているわけです。しかし、含み損は口座資金から逐次差し引かれて行きます。プラスになればお金は戻りさらに利益になれば増えて行きます。しかし、含み損がどんどん膨らみ口座資金が目減りしてついにはゼロになってしまったら大変です。

そうならない前に、口座資金が当初の80%や90%を割り込んだ時点でその取引を自動的に決済するのです(その割合はFX会社により異なります)。もちろん強制決済されればその時点で損失は確定します。「もう少し待てばプラスになったかも・・・」と思っても、このロスカットルールがあるからこそ、余計に資金を差し入れる必要はなく、最悪の事態でも損失は口座資金以上には膨らまなくて済んでいます。つまり、FXでは利益に上限はなく、損失はロスカットルールが機能する限り限定的なのです。

ページトップへ戻る