FXの基礎知識

初心者でも参加しやすい敷居の低さから、今や一般の主婦、OL、サラリーマンも取引するほど人気のFX。いったいどんな投資なのでしょうか。取引する上で必要な基礎知識や、注意事項・発生するリスクなどを見て行きましょう。

FXって何ですか?

FXとは、簡単にいうと日本円や米ドルなど外国の通貨を売買して利益を得る取引のことです。

FXとはForeign exchangeの略称で、円やドルなどの通貨を売買することによって為替差益を得る取引です。1998年に外為法が改正されて、それまでは銀行など特定の金融機関でしか取引できなかった外国為替取引が個人でもできるようになりました。それ以降、多くの人がFXに参加し一般の主婦やサラリーマンでも億単位の利益を得る人が出てきました。

FXが人気になった理由はいくつかありますが、そのひとつに仕組みが簡単なことが挙げられます。外貨の両替を思い出していただければイメージが付きやすいと思います。1ドル80円のレートで8,000円を100ドルに交換しました。1週間後、為替レートが変化して1ドル85円になったので100ドルを円に戻すと8,500円になり500円増えました。これを為替差益と言います。外貨に交換しその外貨を円に戻し利益を得る、この一連の流れがFX取引だと思ってください(説明のため手数料などを省略しています)。この場合、円をドルに交換することをFXでは「円を売ってドルを買う」と言い、ドルを円に交換することを「ドルを売って円を買う」と言います。

FX(外国為替証拠金取引)って何ですか?

このような為替差益を得る外貨の売買を行ってくれるのがFX会社です。私たちはFX会社に口座を開き、パソコン上からFX会社に売買注文を出します。顧客から注文を受けたFX会社は世界中に張り巡らされた銀行間のネットワーク、いわゆる「インターバンク市場」から外貨を調達します。その情報は瞬時にパソコン上に反映され、私たちはスムーズに取引ができるようになっています。

為替差益を得る方法は「安く買って高く売る」、「高く売って安く買い戻す」のたった2つ。為替レートを見ながら、今後の為替のゆくえを予想しFX会社に注文を出します。1時間後の為替相場を予想して注文を出したり、1週間後の相場を予想して取引するなど、取引期間は短期から中長期まで自分で自由に決めることができます。

FXでは為替差益のほかに金利差で利益を得ることもできます。低金利通貨を売って高金利通貨を買うことにより、高金利通貨の金利を受け取り低金利通貨の金利を支払います。当然、金利は受け取る分が多くなりそれが利益になります。この金利差をスワップポイントと言います。スワップポイントは日をまたぐごとに自動的に付与される利子のようなものです。

インターバンク市場

※上記の表はその場所で主に取引されている時間を表します。

このようにFXは取引方法が簡単で分かりやすいのが特徴です。さらに取引が24時間可能であるため、日中仕事で手が離せない会社員でも帰宅後にリアルタイムで取引することができます。FX市場である銀行間のネットワークは世界中に広がり連携を取りながらリレー式に移動して行きます。ニュージーランドのウェリントン市場を皮切りに、シドニー、東京、香港、シンガポール、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークと巡って再びウェリントンへと戻って来ます。

仕事を終えて帰宅後、一息ついた時間はちょうど欧米市場が盛り上がりを見せるFXのゴールデンタイムです。欧米のサラリーマンは仕事中ですが、日本のサラリーマンは一番良い時間帯に取引ができるので恵まれた環境にいるのかもしれません。

そのほか、近年、FXは法律により信託保全やロスカットルールの設定などが義務付けられ、一段と安全性が強化されました。また、インターネットの普及やパソコンの高性能化、スマートフォンの登場などでFXの取引環境もひと昔前より格段に良くなっています。

このように見て行くと、FXは個人投資家にとって非常に有利な投資であると言えるのかもしれません。

  • 前のページへ

ページトップへ戻る